残存価値評価を支援するバッテリーマネジメント技術を開発

パナソニック株式会社 インダストリアルソリューションズ社は、立命館大学 理工学部 福井研究室と共同で、機器搭載中のリチウムイオン電池の残存価値評価に有効な交流インピーダンス測定を実行する新しいバッテリーマネジメント技術を開発しました。

この記事の重要度

星をクリックして評価してください。

Average rating / 5. Vote count:

参照元