SiCパワーデバイスと駆動ICを一括検証できるWebシミュレーションツール 「ROHM Solution Simulator」の無償提供を開始

2020年2月27日 <要旨> ローム株式会社(本社:京都市)は、自動車や産業機器などの電子回路設計者・システム設計者に向けて、パワーデバイス(パワー半導体)と駆動IC・電源ICなどを、ソリューション回路上で一括検証できるWebシミュレーションツール「ROHM Solution Simulator」を開発、対応する44のソリューション回路をローム公式Webサイト上で公開しました。 「ROHM Solution Simulator」は、ロームの公式Webサイト上で動作する電子回路シミュレーションツールです。部品選定やデバイス単体検証などの開発初期段階からシステムレベルの検証段階まで、幅広くWeb上でシミュレーションできます。ロームが提供するSiCデバイスなどのパワーデバイス製品と、駆動IC・電源ICなどのIC製品を、実環境に近いソリューション回路ですばやく簡単に一括検証することが可能なため、アプリケーション開発の大幅な工数削減に貢献します。 また本シミュレータは、電子設計自動化ソフトウェア業界大手で、自動車業界と産業機器業界に広く実績を持つメンター,シーメンス・ビジネス(以下、メンター社)製シミュレーションプラットフォーム「SystemVision Cloud (SVC)」を採用して開発しています。このためSVCアカウントを持っているユーザーは、「ROHM Solution Simulator」で実行したシミュレーションデータを自身のSVC環境(ワークスペース)に組み込むことで、より実使用に近い環境で検証することも可能です。 メンター社のSystemVision Cloudプロダクトマネージャー、Darrell Teegarden氏は、「ロームは、SystemVisionのマルチドメイン・クラウド・プラットフォーム上に構築された包括的なオンラインソリューションを提供することにより、顧客の開発期間と費用を削減することができます。ロームが今後、SystemVision Cloud環境で動作するデバイスモデルとリファレンス回路の維持、強化に注力する事で、顧客のさらなる課題解決に貢献することを信じています。」とコメントしています。 なお、本シミュレータは、ロームの公式Webサイトでユーザー登録を行うだけで、無償で使用可能です。合わせて、下記ROHM Solution Simulator特設サイトでは、シミュレータへのアクセスに加えて、ユーザーが使用するにあたって必要となるドキュメントも公開しています。 ROHM Solution Simulator特設サイト https://www.rohm.co.jp/solution-simulator 今後ロームは、「ROHM Solution Simulator」に対応するソリューション回路と対応製品を追加し、シミュレーションした回路をそのまま評価できる「ソリューションEVK(評価キット)」の提供も一部実施していくことで、アプリケーション開発のさらなる工数削減や評価トラブルの未然防止に貢献していきます。 <背景> 自動車や産業機器に限らず、あらゆるアプリケーション開発において、開発工数削減を目的として、機器を試作する前にシミュレーションが活用されています。電子回路基板の設計においても、シミュレーションは部品選定の手間を減らし、実機検証前に問題点を抽出できることから、基板の試作・評価に関する工数を大幅に削減することができます。 これまでロームは、シミュレーションで製品の電気的特性を忠実に再現するSPICEモデルや、発熱現象・放熱効果を流体解析で検証する熱設計サポートなど、ユーザーの各開発フローで課題解決に貢献するさまざまなソリューションを提供してきました。最近では、自動車や産業機器分野に向けて、大電力を供給するパワーデバイス製品とパワーデバイスを駆動するIC製品の性能を最大限に引き出すアプリケーション回路の開発・サポートに注力しており、今回新たに、業界でも珍しいパワーデバイス製品とIC製品を一括検証できる「ROHM Solution Simulator」を開発しました。その中でもSiCデバイスとSiCを駆動するゲートドライバICの一括検証は業界最先端の取り組みとなります。 <ROHM Solution Simulatorの特長> 「ROHM Solution Simulator」は、電子回路設計者・システム設計者のアプリケーション開発工数を大幅に削減する下記の特長を備えています。 1. アプリケーション環境に近いソリューション回路で、パワーデバイスとICを一括検証可能 「ROHM Solution Simulator」は、パワーデバイス製品とIC製品の一括検証ができるWebシミュレータとして、ロームが提供するSiCデバイスやIGBTなどのパワーデバイス製品と、駆動IC・電源ICなどのIC製品を、実際のアプリケーション環境に近いソリューション回路ですばやく簡単に検証することが可能です。デバイス単体だけでは見えない特性を周辺回路も含めて一括でシミュレーションできるため、アプリケーション開発の大幅な工数削減に貢献します。 現時点で登録しているソリューション回路は44ですが、今後もソリューション回路と電源ICやLEDドライバICなど対応する製品を増やしていきます。また、将来的には熱シミュレーション用モデルの組み込みも計画しています。 ●提供ソリューション回路と製品一覧(ニュースリリース時点) 2. シミュレーションデータをユーザー自身の開発環境に引き継ぐことが可能 「ROHM Solution Simulator」は、メンター社製シミュレーションプラットフォーム「SystemVision Cloud (SVC)」を採用して開発されています。既存のSVCユーザーもしくは新規にSVCアカウントを登録したユーザーは、「ROHM Solution Simulator」で実行したシミュレーションデータを自身のSVC環境(ワークスペース)に組み込むことで、カスタマイズなども含めて、より実使用に近いシステム回路で検証することが可能です。 <ROHM Solution Simulator特設ページについて> ロームの下記公式Webサイト上のROHM Solution Simulator特設サイトにアクセスして、ユーザー登録を行うだけで、簡単にROHM Solution Simulatorを使うことができます。また、ROHM Solution Simulatorの使用に必要なドキュメントも公開しています。 ROHM Solution Simulator特設サイト https://www.rohm.co.jp/solution-simulator <ソリューションEVK(評価キット)について> ロームは今後、「ROHM Solution Simulator」に登録されるソリューション回路に加えて、同じ回路をそのまま評価できる評価キット「ソリューションEVK」を提供していきます。第一弾として、車載向け電源ICのパワーツリーボードをリリースしています。これは、車載アプリケーションが必要とする電源系統に対して、電源ICを最適な構成で提案するものです。アプリケーション開発時にトラブルになりやすい、ノイズ(EMC)設計サポートや熱設計サポートも実施しており、シミュレーションとあわせて、ユーザーは設計・検証ツールとして活用する事が出来ます。 <メンター社が提供するSystemVision Cloud について> SystemVision Cloudは、メンター社が提供する最新のマルチドメインシミュレーションを実施できるクラウド型のソフトウェアサービス(SaaS)です。インターネットブラウザからのアクセスに対応しているため、PC環境からいつでもどこでも会社にいるときと同じように解析ができ、また暗号化されたVHDL/AMS、SPICEモデルをサポートしていることから、メンター社のPCB設計環境(Xpedition™シリーズ)へのインポートが可能です。 ※本発表に関連するシーメンスの商標一覧はこちらです。 この件に関するお問い合わせはこちら

この記事の重要度

星をクリックして評価してください。

Average rating / 5. Vote count:

参照元