コンチネンタルAG社様の2019年度優秀サプライヤー表彰において、「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー2019」を受賞

2020年11月17日 ローム株式会社は、コンチネンタルAG社様の2019年度サプライヤー表彰において、5度目の「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」(個別半導体部門)を受賞しました。 コンチネンタルAG社様では、自社で定める一定基準を満たした900社以上の戦略的サプライヤーに対して、品質や技術、物流、コストなどあらゆる面で総合的に評価を行い、2008年以降、毎年、優秀サプライヤーを表彰されています。 2019年度は、10月27日(火)にオンラインで表彰式が開催され、12社が優秀サプライヤーに選ばれました。 コンチネンタルAG社様のVice President Purchasing Electronics DiscretesであるElena Rasmussen氏より、「ロームは品質と優れた物流サポートに重点を置いており、急速に変化する市場の課題に対応している信頼できるサプライヤーです。ロームは、高耐圧インバーター向けSiCと電源ICの優先パートナーでもあり、今後もロームとの緊密で信頼できる協力関係を継続していきたいと思います。」とのお言葉を頂戴しました。 ROHM Semiconductor GmbH社 社長 鈴木 敏光は、受賞の際に「この賞をいただけたことを大変光栄に思います。今回の受賞はロームの高品質かつ高性能な製品やサービスの安定提供を通じたお客様へのサポートを評価いただいた結果と考えています。」と喜びを語りました。 ロームは、今後も品質第一の「企業目的」ならびに新たに掲げた「経営ビジョン」に基づき、ロームグループが一体となって、お客様の商品価値向上に寄与することで、社会課題の解決を目指してまいります。 この件に関するお問い合わせはこちら

この記事の重要度

星をクリックして評価してください。

Average rating / 5. Vote count:

参照元