京都会館のネーミングライツ名称を「ロームシアター京都」に決定!

2013年7月4日 ローム株式会社(本社:京都市)は、京都市との契約に基づき取得した再整備後50年間にわたる京都会館のネーミングライツについて、下記の通り発表いたしました。 「京都会館」はこれまで50年間にわたり京都の文化の殿堂として京都市民の皆様に親しまれてきた貴重な文化財産です。京都市に本社を置き、継続的に社会貢献としての文化支援活動を行うロームとして、「ロームシアター京都」が市民の皆様に愛され、文化の殿堂として日本を代表する施設となることを願っています。 記者会見の様子 (左から 京都市市長 門川 大作 ローム株式会社 代表取締役社長 澤村 諭) ロームシアター京都 記 1.ネーミングライツ名称 ロームシアター京都 (英語表記:ROHM Theatre Kyoto) <世界文化都市・京都を発信する「文化の殿堂」として音楽、演劇、伝統芸能等、様々な分野の演目が披露される劇場> ※個別のネーミングライツ名称については3.を参照 2.これまでの経緯 2011年2月7日 京都市とローム株式会社とで京都会館のネーミングライツ売買について、基本合意 2011年9月13日 京都市とローム株式会社で「京都会館命名権に関する契約書」締結 2013年7月4日 ネーミングライツ名称発表 3.個別ネーミングライツ名称 施設等の名称 (京都会館再整備工事 基本設計説明書) ネーミングライツ名称 京都会館 (1)ロームシアター京都 (英語表記:ROHM Theatre Kyoto) 第一ホール (2)メインホール(英語表記:Main Hall) 第二ホール (3)サウスホール(英語表記:South Hall) 多目的スタジオ(新設) (4)ノースホール(英語表記:North Hall) 会議棟 (5)パークプラザ(英語表記:Park Plaza) 中庭 (7)ローム・スクエア(英語表記:ROHM Square)

この記事の重要度

星をクリックして評価してください。

Average rating / 5. Vote count:

参照元