人工嗅覚センサを介した呼気センシングによる個人認証 ―化学情報による偽造できない生体認証技術実現へ期待―

東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻の長島一樹 准教授、柳田剛 教授をはじめ、九州大学大学院、名古屋大学大学院、パナソニック インダストリー株式会社による研究グループは、生体呼気から得られる化学情報に基づく個人認証の原理実証に成功しました。

この記事の重要度

星をクリックして評価してください。

Average rating / 5. Vote count:

参照元